不動産鑑定業界に特化した会員向け情報サイト


独自に収集した人材情報と業界情報を提供!!

TAC2015個別就職面談会について(総論)

情報作成日:2015年10月15日
10/16 18:30から実施されます、東京不動産鑑定士協会とTAC共催2015年個別就職面談会(TAC渋谷校18:30−21:00)に関係する情報をご提供します。これは総論で、各論にあたる参加する鑑定会社の個別情報はこれから、1社づつアップいたします。合格者の方々は、会員ご登録の上、各社に関する情報をご覧の上、ご応募等のご参考になさってください。
(注意事項)
1.参加要件はスーツにネクタイ着用ですが、毎年ラフなスタイルでの参加者もおられます。これは、絶対にお勧めしません。
2.21時までですが、20時15分からは退席する企業もあるので要注意!早目が空いている。
3.書類への写真貼付は必須、履歴書は予定よりも数多く準備すること
4.参加する鑑定会社の面接官としては3種類のタイプがあります。
(1)経営者レベルが面接官として参加する実質的最終審査でもある中規模鑑定会社−これは一次面接が最終審査の意味を持ちます:沖田不動産鑑定や吉村総合計画鑑定、今年は東京カンテイも社長が参加予定。地価理論もこれか。CBREも鑑定部長出席予定なので実質的には最終。 (2)若手主体が一緒に働きやすい人物かどうかを判断する大手のプレ審査型:大和不動産鑑定(3)役員や中間管理職(部長や次長)が実質的に一次カットする実質的な一次審査型:谷澤や不動研森井総合など、次長レベルが参加。DTZは鑑定責任者参加だが、合併があり実質的に採用かどうかは微妙。青山やバリュワーズはNo.2出席なので実質的に最終判断に近い。

*二次面接連絡は月曜までに来ないとアウト。可能性薄ければ、すぐに不参加の鑑定会社へもアプローチすべき。翌週1週間が勝負なので、悠長には構えてはだめ!
*人材会社等では、リクルートなど大手は絶対に無意味。有効なのはIRESだけ。TACキャリアバンクも情報はサイト情報しかない。
*詳細は個別の参加企業情報で

↑ PAGE TOP